哲学タイトル
哲学.jpTOP > 人生の目的の言語哲学 > 人生の目的は決まっているか

人生の目的は決まっているか

「人生の目的が、あらかじめ決まっているはずないよ」

普通はそう思うのではないでしょうか。

これは、サルトルの「実存は本質に先立つ」ということです。

たとえば書物とかペーパー・ナイフのような、造られたある一つの物体を考えて見よう。
この場合、この物体は、一つの概念を頭にえがいた職人によって造られたものである。
……
したがつてペーパー・ナイフは、ある仕方で造られる物体であると同時に、一方では一定の用途をもっている。
……
ゆえにペーパー・ナイフに関しては、本質──すなわちペーパー・ナイフを製造し、ペーパー・ナイフを定義しうるための製法や性質の全体──は、実存に先立つといえる。
(サルトル、伊吹武彦訳『実存主義とは何か』(人文書院、1955年))

では、私たち人間だったらどうでしょうか。
サルトルは同書の中で、このように言っています。

実存主義の考える人間が定義不可能であるのは、人間は最初は何ものでもないからである。人間はあとになって初めて人間になるのであり、人間はみずからがつくったところのものになるのである。
このように人間の本性は存在しない。
その本性を考える神が存在しないからである。
(サルトル、伊吹武彦訳『実存主義とは何か』(人文書院、1955年))

人生の本当の意味とは?

今回、仏教をもとに
人生の本当の意味を解明するため、
仏教の真髄である苦悩の根元を
小冊子にまとめました。

ただし、この内容は、哲学者たちからすれば、
激怒し、抹殺したい内容かも知れません。
いずれにせよ、必ず批判することだろうと思います。
ですから、このことは、なるべく哲学者の皆さんには
言わないでください。

しかし、仏教によらねば、人生の意義を知るすべはありません。
ぜひご覧下さい。

アドレス:

特典1:
今なら伝えたい内容をもっと正確にフォローするため、
21回のメール講座もついています。

特典2:
さらに、お申し込み後、ある条件を満たして頂きますと、
加えて2つのスペシャルレポートを差し上げます。

人生の目的とは

人生の目的の意味を哲学する

現存在(人間)の解明

現存在のすがた① 不満

現存在のすがた② 不安

現存在のすがた③ 快楽

現存在のすがた④ 平静

現存在のすがた⑤ 不幸の忘却

現存在のすがた⑥ 宗教的浄福

真の幸福とは?